福岡県防災講演会 シニア災害ボランティアセミナー を開催しました

目的
 東日本大震災や熊本地震、九州北部豪雨など、近年大規模な自然災害が全国各地で発生しています。このような災害からの被害を最小限にとどめるためには、住民一人ひとりが今後起こりうる災害のリスクについて認識し、自分の身は自分で守る「自助」、自治会や自主防災組織など地域で互いに助け合う「共助」に関する知識を蓄え、いざというときに実践できるよう備えておくことが大切です。
このため、福岡県と一般財団法人地域社会ライフプラン協会が共催で、地域防災活動やボランティア活動の更なる充実に資することを目的として講演会を開催しました。

 

講演会内容
1 「『足下に活断層がある!』と知ったとき、どうしますか?」 
産業技術総合研究所 宮下由香里
2 「避難(所)生活で犠牲者を発生させないために ~国のガイドラインも踏まえた支援のあり方とは?」
減災と男女共同参画 研修推進センター 浅野幸子
 

詳細はこちら

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/chiikifbkk.html

バックナンバー

ページの先頭へ戻る